学部長挨拶

伊藤 良高
社会福祉学部長伊藤 良高 Ito Yoshitaka

すべての人の「幸福」(ウェルビーイング)をめざして。
協働して地域を創る福祉マインドを持った人材を育成します。

一人ひとりの豊かな生活の実現に向け、課題解決を図る社会福祉のプロを養成

 すべての人は、「幸福」(ウェルビーイング)に生きる権利を持っています。この権利の保障をめざして、一人ひとりの生涯にわたる人間形成を豊かにする、あるいは、すべての人が生きがいを持ち、自由な選択によって豊かな生活ができる社会とはいかなるものであるか、どのようにすれば実現できるか、社会福祉における理論と実践について学んでいきます。

 「地域共生社会」のあり方が問われている今日、現代社会における福祉、環境、子育て、健康に関する諸課題を総合的に把握し、多様な人々や資源との連携・協働を通じて、地域課題の解決を図ることができる社会福祉の総合力を修得していきます。

地域から海外まで、現場に学ぶフィールドワークとカリキュラムが充実

 学部では、本学の自由闊達な学風の下、学生の自主的な学びや活動を支援するため、1年次の専門教育導入プログラムをはじめとする各種の講義や演習、実習、国内外のフィールドワーク、地域貢献活動、卒業論文など多彩なカリキュラムとプログラムを用意しています。

 福祉の現場に精通した教授陣や中核として活躍している卒業生らの指導を受けながら体系的に学びつつ、学生が主役となった問題解決のための参加型学習や双方向型学習、地域から学ぶ主体的学習を重視しています。そのための環境として、演習・実習科目における少人数クラスや免許・資格取得、実習の準備を行う学部ラウンジが設けられています。

地域に寄り添い、社会福祉の新たな世界を切り拓く人に

 4年間の学びを通じ、豊かな人間性と幅広い教養を基礎として、ウェルビーイングの向上と人権擁護の視点から、地域社会の諸課題に対して自ら積極的に向かうことができる力や、多様な人々とのコミュニケーション能力と他者への共感力を持って、福祉、環境、子育て、健康の課題解決に主体的・協調的に関わることのできるリーダーシップが身についていきます。

 将来、高い専門性を有し、社会福祉の新たな世界を切り拓く専門職(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士、幼・中・高教諭、スクールソーシャルワーカー等)や地域に寄り添い、地域をともに創造する福祉マインドを持った社会のリーダーとしての活躍が期待されます。

 社会福祉は、すべての人の「幸福」の追求を支援する学問と実践です。社会福祉に関する新聞や雑誌、書籍を読んだり、地域の各種行事やボランティア活動に積極的に参加したりするなどして、社会福祉に対する興味、関心と感性を多いに養ってください。