ニュース

2019.06.13 社会福祉学部
共に考える福祉実践の魅力(1)

ソーシャルワーク方法論Ⅰでは、現職のソーシャルワーカーに実践を話していただく機会を設けています。第一回目は障がい者施設で10年以上のキャリアを有する指導的立場のソーシャルワーカーと3月に本学一福を卒業した新人ソーシャルワーカーに登壇いただきました。学生たちは、「ソーシャルワークとは想像力と創造力であるということに心底納得した!」、「結果がすぐでる仕事ではない」、「女性としても働きやすい職場でアットホームな感じがとても良いと感じた」などの感想をもったようです。座学の学びを深めるためにも、こうした実践報告を今後も取り入れていきたいと思います。黒木