学科DATA 学生数:371名
(男子:49%/女子:51%)
教員数:11名

社会福祉学科の学び

一人ひとりの幸せな人生(=ウェルビーイング)の実現をめざす「社会福祉学」を中心に学びます。
支援する側・される側に分かれていた福祉のあり方を見直し、対等な立場に立って信頼関係を築くための専門知識や技法を身につけます。

第一部社会福祉学科

高い専門性と、豊かな人間性を備えた
福祉の担い手として、地域社会に
貢献する人材を育てます。

学びのキーワード

ウェルビーイングの実現をめざす

ウェルビーイングの
実現をめざす

多様な価値観を持つ人々が自らの幸福(=ウェルビーイング)を追求できる共生社会をめざすため、社会福祉学を段階的に学び、「社会的な条件をどう整備していくべきか」を科学的に考えます。社会福祉の観点から個人を尊重し、ソーシャルワーカーをはじめ現代に求められる福祉のプロを育成します。

めざす資格取得に応じた養成課程

めざす資格取得に
応じた養成課程

社会福祉士・精神保健福祉士国家資格取得のための受験資格、スクールソーシャルワーカーの申請資格が得られ、試験対策など専門の教員による手厚いバックアップ体制が整っています。講義・実習による学びと経験の積み上げにより、福祉を専門的に研究する学科ならではの考え方と知識が養われます。

実践科学に基づいた学修メソッド

実践科学に基づいた
学修メソッド

2006年度から、フィールドワーク学習を重視する「社会福祉入門」を導入しています。このほか、国内外の現場に赴き、地域で暮らす人たちの生活に触れ、生活課題や地域問題を発見・把握する機会を多く設け、社会福祉の現場で応用できる課題解決型思考の習得をめざしていきます。

第一部社会福祉学科の学び

  • 第一部社会福祉学科では、現代社会の諸問題に対処し、地域社会に貢献する社会福祉実践者、行政職員、企業人、起業家を育てます
  • 将来の活躍の場は、地域の社会福祉施設、医療機関、行政職(公務員社会福祉職)、病院、民間企業、非営利組織などです
  • 社会福祉の専門知識を身につけ、少子高齢社会のなかで、地域社会に貢献できることをめざします
第一部 社会福祉学科の学び

資格取得等

社会福祉士・精神保健福祉士の国家資格取得が可能。スクールソーシャルワーカー養成課程も。

取得できる免許・資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • スクールソーシャルワーカー
    (認定課程修了証明申請資格)
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • 社会福祉主事(任用資格)
    ※2年以上現場経験を積むと、児童福祉司、身体障害者福祉司なども取得可能
  • 司書
  • 司書教諭 ほか

就職実績 (過去3カ年の実績より一部抜粋)

  • 熊本市(社会福祉職)
  • 阿蘇市(社会福祉職)
  • 荒尾市(社会福祉職)
  • 菊陽町(事務職)
  • 嘉島町(障がい者枠)
  • 阿久根市(社会福祉職)
  • 沖縄県(社会福祉職)
  • 防衛省(陸上自衛隊)
  • 地域医療機能推進機構
  • 山都町社会福祉協議会
  • (公社)熊本県医師会
  • 熊本赤十字病院
  • 済生会熊本病院
  • 白川の里(特別養護老人ホーム)
  • フォレスト熊本(介護老人保健施設)
  • 慈愛園 子供ホーム(児童養護施設)
  • 日本郵便(株)(日本郵政グループ)
  • (株)Lib Work

学びの流れ

一年次 幅広い教養と社会福祉の基礎を学び、フィールドワークなどを通して関心・意欲を高め、「知識・理解力」を伸ばす。

  • 社会福祉入門

    社会福祉入門

    地域の生活課題を通して、地域づくりや社会福祉の現状と課題について学びます。実際に地域の方と協力して行うフィールドワークではコミュニケーション力も身につきます。

2年次 ソーシャルワーク実践の
基礎的な知識・技能を修得し、
「技能・分析力」を深め、
「課題解決力」を養う。

  • ウェルビーイング学

    ウェルビーイング学

    近年、社会福祉全般の基本理念となりつつある「ウェルビーイング」が持つ広範な意味を理解するために、各専門分野の教員によるオムニバス形式の授業を行います。人と社会を分析する力を養い、適切な制度的支援を学修します。

  • 海外フィールドワーク

    海外フィールドワーク

    本学部と提携する海外の大学生たちとの現地交流、研修、および訪問国での施設見学などのフィールドワークを行います。学科の特性に応じてテーマを学生主体で設定し、報告を通して到達目標の達成をめざします。

3・4年次ゼミ・フィールドワーク・実習を通して、社会福祉専門職としての「課題解決力」を一層深める。
他者との交わりのなかで「関係形成力」を高め、「創造的思考力」を身につける。

  • 社会保障論

    社会保障論

    社会保障の概念と対象、理念と役割、費用と財源などを学び、その全体像を把握します。そのうえで、個別制度としての医療保険および介護保険について、制度の現状や課題、政策動向などを学修します。

  • ジェンダーと法

    ジェンダーと法

    ジェンダー論と法学の二つの側面から、社会のジェンダー問題について学習し、解決手段を探ります。関心のある身近な問題の分析も行い、論述する能力を身につけ、平等な社会をめざします。

吉川ゼミ

ゼミ現役生×教員 〜第一部社会福祉学科の学びとは?〜

フィールドワークを通して
高齢社会の現状と課題を体感

第一部社会福祉学科4年山口 順照熊本県/天草高等学校出身

社会福祉分野のなかでも、特に高齢者や地域の方々と交流し学ぶフィールドワークに興味があり本ゼミへ。1年次は美里町で高齢者の暮らしの現状を調査、そして2年次は新型コロナの影響でフィールドワークが難しいなか、大学近隣の団地で生活実態の観察調査を行いました。エレベータがなく、足腰の弱い高齢者が困っている現状など、実際に現地に行かないと気づかないことも多く、自分の目で見て学ぶことの必要性を再確認しました。

広い視野を持って多様な側面から
地域の課題を理解できる人に

第一部社会福祉学科仁科 伸子 教授

社会福祉の専門職であるソーシャルワーカーは、地域のなかで課題を見出し、住民とともに解決していくことが求められます。ゼミでは高齢化が進む地域の中心地や古い商店街、中山間地域などでフィールドワークを行い、生の声を聞き集めながら人々の生活の実態を把握し、社会福祉やそれに関わるまちづくりの課題や改善策を考えていきます。活動を通じて多様な側面から問題を理解する力を身につけてほしいです。

カリキュラム

(2021年度入学生適用)

※ このほか、放送大学との単位互換科目や、教職課程に関する科目などがあります。

ゼミテーマ
高林ゼミ フィールドワーク(聴き取り調査)による生活問題の把握
中村ゼミ ソーシャルワーク事例分析
仁科ゼミ フィールドワークにより中山間地域、高齢社会の実態を把握
松本ゼミ 少子高齢化の影響と社会保障
横山ゼミ ケアの本質論とケアを巡る社会問題
黒木ゼミ ソーシャルワークの観点から見るケアとコミュニティ
森口ゼミ 憲法判例・学説から考える現代社会

※ 年度により変更になる場合があります。

現役生Voice

新たな視点・価値観に触れて社会の動きに敏感になった

新たな視点・価値観に触れて
社会の動きに敏感になった

久壽米木 碧第一部社会福祉学科4年
熊本県/東稜高等学校出身

「ジェンダーと法」では、例えばLGBTQの問題に対して、法学の観点から過去の判例などを参考に、社会にある偏見やその問題に関して議論を進め、自分なりの答えを導き出すプロセスを経験できます。世の中で起きている実際の問題を“自分事”として学ぶことができ、「常識」や「習慣」にとらわれない考え方が身につきました。本学科での学びは、価値観の多様化が進む現代社会において必要になってくる力だと感じています。

久壽米木さんの3年次 秋学期授業時間割
1 憲法II
(人権論)
2 卒業演習I 現代行政論 哲学概論II 自然科学と
人間IIIB
3 生活と法 文化人類学II 環境論IB 水俣学 社会保障論II
4 ジェンダーと法 地域社会学II 英語IB
5 法学

卒業生Message

新しい自分・新たな価値観を形成しめざしたい道が見つかった4年間

新しい自分・新たな価値観を形成し
めざしたい道が見つかった4年間

就職先:社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院(社会福祉士)

村田 真悠 第一部社会福祉学科(2021年3月卒業)熊本県/御船高等学校出身

クマガクは、福祉を学ぶ環境が整っていて、将来の可能性を広げ、自らの挑戦を後押ししてくれる場所です。学びを深めていくなかで経験した病院でのソーシャルワーク実習で、個々に合わせた支援を行うことの難しさを痛感し、自分自身を見つめ直すきっかけに。そこから新しい価値観が生まれ、多くの人との出会いを通して「人との繋がりの大切さ」を学び、医療ソーシャルワーカーとして困っている人に寄り添いたいと強く思うようになりました。これからは支援に必要な視点や気づきを得て、社会福祉士として温もりを与えられる存在になりたいです。