学科DATA 学生数:362名
(男子:49%/女子:51%)
教員数:11名

社会福祉学科の学び

一人ひとりの幸せな人生(=ウェルビーイング)の実現をめざす「社会福祉学」を中心に学びます。
支援する側・される側に分かれていた福祉のあり方を見直し、対等な立場に立って信頼関係を築くための専門知識や技法を身につけます。

第一部社会福祉学科

高い専門性と、豊かな人間性を備えた
福祉の担い手を育てる。

学びのキーワード

  • めざす資格取得に応じた養成課程

    めざす資格取得に応じた養成課程

    社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士の国家資格取得のための受験資格が得られ、国家試験対策など専門の教員による手厚いバックアップ体制が整っています。講義・実習による学びと経験の積み上げにより、福祉を専門的に研究する学科ならではの考え方と知識が養われます。

  • ウェルビーイングの実現をめざす

    ウェルビーイングの実現をめざす

    多様な価値観を持つ人々が自らの幸福(=ウェルビーイング)を追求できる共生社会をめざすため、社会福祉学を段階的に学び、「社会的な条件をどう整備していくべきか」を科学的に考えます。社会福祉の観点から個人を尊重し、ソーシャルワーカーをはじめ現代に求められる人材を育成します。

  • 実践科学に基づいた学修環境

    実践科学に基づいた学修環境

    2006年度から、フィールドワーク学習を重視する「社会福祉入門」を導入しています。また、国内外の地域や現場に赴き、地域で暮らす人たちの生活に触れ、生活課題や地域問題を発見・把握することで、社会福祉の現場で応用できる課題解決型思考の修得をめざしていきます。

第一部 社会福祉学科の学び

社会福祉学を段階的に学び、高い専門性を持った人材を育成

社会福祉学科のカリキュラムは、初年次教育および教養科目を基礎として、専門科目(講義)、演習・実習科目(フィールドワーク)、卒業演習・卒業論文へと、年次に応 じて段階的に発展していくように編成しています。こうした体系的な学びをもとに、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、教員免許などの資格取得に向けた支援を行っています。

第一部 社会福祉学科の学び

資格に応じた養成課程

めざす資格に応じた養成課程を設け、講義・実習による学びと経験の積み上げ、国家試験対策など、専門の教員による手厚いバックアップ体制を整えています。実習受け入れ機関と連携したフォロー研修や学生間で学びを共有する報告会なども開かれ、福祉を専門的に研究する学科ならではの考え方と知識が養われます。

フィールドワーク

初年時に学生全員が参加する「社会福祉入門」のフィールドワークでは、美里町の高齢者世帯に1泊し、地域の生活課題や社会福祉の現状を聞き取ります。そのうえで解決策を主体的に探っていく現場主体の感覚を大切にしています。

学生のキャリアビジョンを支援

社会福祉専⾨職の養成校としては九州初の試みとなる「クマガク ソーシャルワーカー・デー」を2017年より開催。福祉職の「先輩」である卒業⽣を招いて、ソーシャルワークの魅⼒や役割、仕事の現状を語る場を設けるなど、福祉職についての具体的な理解や、将来のビジョンを明確にする機会を設けています。

資格取得等

さまざまな国家資格取得が可能。2016年度よりスクールソーシャルワーカー養成課程がスタート。

取得できる免許・資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • スクールソーシャルワーカー
    (認定課程修了証明申請資格)
  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • 司書
  • 司書教諭 ほか

就職実績 (過去3カ年の実績より抜粋)

  • 熊本市上級職(社会福祉)
  • 沖縄県(社会福祉職)
  • 阿蘇市(社会福祉職)
  • 荒尾市(社会福祉職)
  • 菊陽町
  • 熊本県警察
  • 福岡県警察
  • 熊本赤十字病院
  • 済生会熊本病院
  • 熊本機能病院
  • 西日本病院
  • 熊本地域医療センター
  • 向陽台病院
  • フォレスト熊本(介護老人保健施設)
  • 赤とんぼ(介護老人保健施設)
  • こぼり苑(特別養護老人ホーム)
  • 白川の里(介護老人福祉施設)
  • リデルライトホーム (高齢者施設)
  • 居屋敷の里(障がい者支援施設)
  • 慈愛園 子供ホーム(児童養護施設)
  • 小百合愛児園 小百合ホーム(児童養護施設)
  • 生活協同組合くまもと
  • 熊本市農業協同組合
  • (株)宮崎太陽銀行
  • 日本郵便(株)
  • フランスベッド(株)
  • (株)学研ココファン
  • 富田薬品(株)
  • (独)地域医療機能推進機構

学びの流れ

一年次 幅広い教養と社会福祉の基礎を学び、フィールドワーク等を通して関心・意欲を高め、「知識・理解力」を伸ばす。

  • 社会福祉入門

    社会福祉入門

    熊本県美里町の高齢者世帯を訪問するフィールドワークなどの体験学習を通して、地域の生活課題や社会福祉の現状などを学び、社会福祉学の基礎的な視点を身につけます。

  • 精神保健福祉論

    精神保健福祉論

    精神障害者に対する社会的処遇の歴史を学び、人権の問題や偏見・差別が生まれた要因、生活課題などについて理解を深めます。相談援助活動と法(精神保健福祉法)の関わりや支援に関する諸制度についても学びます。

2年次 「知識・理解力」の上に、ソーシャルワーク・ケアワーク実践の基礎的な知識・技能を修得し、「技能・分析力」を深め、「課題解決力」を養う。

  • ウェルビーイング学

    ウェルビーイング学

    近年、社会福祉全般の基本理念となりつつある「ウェルビーイング」が持つ広範な意味を理解するために、各専門分野の教員によるオムニバス形式の授業を行います。人と社会を分析する力を養い、適切な制度的支援を学修する。

  • 海外フィールドワーク

    海外フィールドワーク

    本学部と提携する海外の大学生たちとの現地交流、研修、および訪問国での施設見学などフィールド学習を行います。学科の特性に応じてテーマを学生主体で設定し、報告を通して到達目標の達成をめざします。

  • ケアワーク論

    ケアワーク論

    認知症への理解が深まった

    「ケアワーク論」は認知症について深く学ぶ授業です。よく知られているアルツハイマー以外にもさまざまなタイプがあること、同じ症状でも「老化」と「認知症」によるものの違いがあることなどが印象に残っています。


    俵積田 健太

    社会福祉学科4年
    俵積田 健太
    熊本県/開新高等学校出身

3・4年次ゼミ、フィールドワーク、実習を通して、社会福祉専門職としての「課題解決力」を一層深める。 他者との交わりのなかで

  • 社会保障論

    社会保障論

    社会保障の概念と対象、理念と役割、費用と財源などを学び、その全体像を把握します。そのうえで、個別制度としての医療保険および介護保険について、制度の現状や課題、政策動向などを学修します。

  • 卒業演習Ⅱ/高林ゼミ

    卒業演習Ⅱ/高林ゼミ

    地域福祉の課題を具体的に取り上げ、地域住民へのインタビュー調査をもとに分析・考察します。労働・生活・地域問題とその対策を総合的に認識する視点と姿勢を養い、地域福祉への理解を深めていきます。

高林ゼミ

ゼミ現役生×教員 〜社会福祉学科の学びとは?〜

現地で直接声を聴きデータに表れない気づきを

現地で直接声を聴き
データに表れない気づきを

佐無田 朗第一部 社会福祉学科
4年 熊本県/人吉高等学校出身

入学直後に熊本地震が発生し、それをきっかけにボランティアに参加するようになりました。そのとき出会ったのが高林先生です。ともに行動することが多く、そのままゼミへ。月に一度、地域のコミュニティセンターで開く「つながるカフェ」では学生が企画したレクリエーションを実施したり話をしたり。実際に現場に行って聴く地域の皆さんのリアルな声は、データやニュースと違い訴えかけてくるものが多くあります。

地域の人々の経験や思いを自らの経験と知識に結びつけて

地域の人々の経験や思いを
自らの経験と知識に結びつけて

第一部 社会福祉学科高林 秀明 教授

熊本地震で被災した人々との交流を通じ、悩みや不安、将来の希望を聴き、新たな支援やまちづくりのあり方を研究しています。「つながるカフェ」では、みなし仮設に住む人々や地域の高齢者、しょうがい者の人の「心の声」を聴き、浮きあがる課題に向き合います。学生たちには生活の経験や思いを自分と結び付けて、自身の人生と地域社会をより良くするための力にしてほしいです。

カリキュラム

(2019年度入学生適用)

※ このほか、放送大学との単位互換科目や、教職課程に関する科目などがあります。

ゼミテーマ一例
高林ゼミ フィールドワーク(聴き取り調査)による生活問題の把握
仁科ゼミ 高齢者の健康と生活の実態調査
松本ゼミ 少子高齢化の影響と社会保障
横山ゼミ ケアの本質論とケアを巡る社会問題
東 ゼミ 障害に関する法制度と権利
黒木ゼミ ソーシャルワークの観点から見るケアとコミュニティ
柳 ゼミ 精神保健福祉の課題と社会
森口ゼミ 憲法判例・学説から現代社会を考える

※ 年度により変更になるゼミもあります。

現役生Voice

ボランティアに熱心なクマガクで多くを学び社会福祉のスペシャリストをめざします

ボランティアに熱心なクマガクで多くを学び社会福祉のスペシャリストをめざします

寄口 裕誠第一部社会福祉学科4年
熊本県/天草高等学校出身

ボランティア活動に熱心に取り組んでいる本学には、入学前から好印象を持っていました。さらに、社会福祉士になるための専門知識を学べること、スクールソーシャルワーカーの養成課程があることに魅力を感じ進学。「教育心理学」は内容は難しいですが、講義が面白く、納得しながら前向きに取り組めます。いずれは、児童相談所などで子どもの将来に関わる仕事がしたいです。

寄口さんの3年次 秋学期授業時間割
1 ソーシャル
ワーク方法論Ⅳ
2 就労支援論 卒業演習Ⅰ
3 情報
メディア論Ⅱ
4 社会保障論Ⅱ ソーシャル
ワーク演習Ⅴ
精神保健学Ⅰ
5 教育原論B 権利擁護と
成年後見制度
福祉管理
運営論
ソーシャル
ワーク
実習指導Ⅲ
教育心理学

内定者Message

実習を通して現場を知り、やりたい仕事を見つけることができました

実習を通して現場を知り、やりたい仕事を見つけることができました

内定先:熊本市(社会福祉職)

井山 涼 第一部社会福祉学科(2019年3月卒業)熊本県/尚絅高等学校出身

人の役に立つ仕事がしたいという夢を叶えるため、社会福祉士になることを決意。たくさんの人たちと関わりながらコミュニケーションの基盤を作るには、学生数も多い本学がいいと考え入学しました。学科では、座学と現場での実体験を重ね、施設と行政の連携の大切さ、それぞれが抱える課題を知り、夢にも変化が。大切なのは、施設の方、利用者さまが、利用しやすい制度やしくみづくりをすることと気づき、影から支える行政の仕事を選びました。これからは、地元・熊本市への恩返しとして、地域の人々が暮らしやすい制度づくりに関わっていきたいです。