子ども家庭福祉学科 学科長メッセージ

栗原 武志
栗原 武志 子ども家庭福祉学科長

「子どもと子どもを取り巻く家庭」の幸せを築くスペシャリストをめざそう。

保育園と幼稚園の教育目標は、一言でいえば「人間として生きていく力を育む」ということ。これは世界の幼児教育のトレンドでもあります。キーワードは「非認知的能力」。最新の研究で幼少期に非認知的能力(目標に向かう力、他者と関わる力、感情コントロール力など)を身につけると、その後の幸せや経済的な安定につながると言われている今、子どもや家庭の幸せを構築するスペシャリストを育成します。活躍場所は地元から、全国、さらには海外の日本人学校幼稚園まで幅広いフィールドが用意されています。