ニュース

2018.12.25 社会福祉学部
福岡市内3大学ほかとオープンケアエリアふくおかを企画・開催

2018年12月8日、本学社会福祉学部は、西南学院大学社会福祉学科、中村学園大学、筑紫女学園大学の4大学、4つの社会福祉法人の共催により、オープンケアエリアふくおかを開催した。

7月に熊本でおこなったオープンケアエリアを先例に、中村学園大学を会場に開催したもので、約160名の参加があった。社会福祉学科の黒木ゼミは、企画段階からアイデアを持ち寄り、当日は受付、トークセッションを担うなどした。

プログラム1は、4法人の若手による福祉実践の魅力発信プレゼンテーション。プログラム2は、4大学8名の学生と4法人4組の専門職をまじえたトークセッション。プログラム3では、福祉実践者と大学生の語り場を設けて意見交換をおこなった。

今回の企画は、熊本学園大学社会福祉学部黒木ゼミの呼び掛けに賛同した、福岡の大学と社会福祉法人の有志によって実現したもので、今後も九州全体の福祉実践の魅力発信に寄与したい。  黒木