ニュース

2017.07.13 社会福祉学部
九州北部豪雨災害避難所支援(福岡県朝倉市)

社会福祉学部准教授 黒木 邦弘

 本学ボランティアセンターは、認定NPO法人難民を助ける会【AAR Japan】及びNPO法人チャルカ・ジャパンから、九州北部豪雨災害の指定福祉避難所の後方支援への同行・助言の要請を受けました。

 災害から1週間が経過した7月12日。本学ボランティアセンターでコーディネーターを務める照谷さんと社会福祉学部・黒木の二名が朝倉市杷木の避難所2か所を訪問し、運営に携わる方々と意見交換を実施。訪問の最後には、熊本地震の経験から現時点で気づいた点をお伝えしました。
 
 両避難所では、継続的なボランティアを求める声が共通していました。特に、夏休みを迎えた小中学生の子ども家庭支援、足元が悪いなか自宅の片づけを心配する高齢者への生活相談支援が喫緊の課題と感じました。