ニュース

2017.07.12 第一部社会福祉学科
介護福祉士養成課程 平成29年度ホームカミング・デイを開催しました

 7月8日(土)に2015・2016年度の介護コース卒業生を対象に「ホームカミング・デイ」を開催しました。社会人となって三ヶ月、短いようですが中身のある時間を過ごした卒業生は、学生時代の面影を残しながらも、しっかりと社会人として歩み出しているようでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

以下、参加者の感想をご紹介します。

●就職して1年がたち、みんなそれぞれ成長しているのだと思いました。まだ、就職したばかりの人達の悩みを聞き、自分も同じ時期に同じようなことで悩んでいたなと懐かしく思い、自分もその頃に比べて成長しているのだなと感じました。自分もまだまだ勉強して、介護福祉士として成長していきたいと思いました。

●2年目で今は新人教育もする立場の中、友達や後輩の不安や日頃の思いなど聞くことができて良かったです。意見の中から、新人や先輩スタッフとの関わりを見つめ直し、利用者へのより良いケアが提供できればと思います。自分自身も意見や情報を発信できるようにもっと成長し、誰もが平等に安心して、新人も安心して過ごせる職場にしたいです。

●普段、あまり仕事のことで思っていることをなかなか、人に言えなかったので、今日言えて少しスッキリした部分もあります。また、色んな先輩方からアドバイスを頂いて、参考にしようと思うこともできました。まだまだ仕事に慣れるまでには時間がかかりそうですが、来年のホームカミング・デイには笑顔で来られるようにしたいと思っています。

●先輩方の就職したからこその取り組みや悩みを、直接聞くことができたのでとても勉強になりました。また、就職活動に向けた話など質問にも答えて頂き、少しスッキリしました。どうしていいか分からなかったので、1つの目安となり、これからの実習や就活、国試に向けた心構えもできたかなと思います。就職を選ぶ際の材料や考え方も個別で聞くことができたので少し安心しました。

 

 川上・山口・横山@第一部社会福祉学科