ニュース

2016.08.05 第一部社会福祉学科
一福アクティブラーニング(認知症事例検討会)

3年生は、ソーシャルワーク実習を目前にしています。実習では、自らテーマをかかげて行う事例研究が課題になっています。
そこで、ささえりあ帯山(地域包括支援センター)、くまもと清明病院(認知症疾患医療センター指定)と黒木ゼミの共同企画で認知症事例検討会を開催いたしました。
参加者は、ケアマネ、介護事業所職員、弁護士、医師、看護師、薬剤師、社会福祉士など専門職と民生委員など地域の方です。グループを編成し、専門職と地域の方と学生が一つの事例を検討しました。
今回は、熊本地震に伴い避難所内でトラブルを起こした認知症の方の事例です。学生のコメントに高い評価をいただき、実習を前にして自信につなかったようです。黒木

 

IMG_2111b.jpg

 

IMG_2112b.jpg

 

IMG_2113b.jpg

 

IMG_2114b.jpg