学科DATA 学生数:120名
(男子:59%/女子:41%)
教員数:4名

第二部社会福祉学科の学び

平日・土曜日の18時以降に授業を行う第二部社会福祉学科では、高校を卒業したばかりの若者から、専門知識や資格をめざす介護・福祉施設や病院の職員、ケアマネージャーまで、多くの社会人が学んでいます。福祉からマネジメントまで総合的に学べ、管理職をめざすうえで実践的な教育内容となっています。

第二部社会福祉学科

将来設計に沿って、
確実なキャリアアップを実現します。

学びのキーワード

  • 福祉政策と実践

    本学科では、実体としての社会福祉を、社会制度として存在する「政策」と、福祉の現場で行われている「実践」に分け、これらが相互に連関するシステムとして捉える視点を養います。さらに、これを貫く価値や規範を把握することで、さまざまな福祉ニーズに対応できる力を身につけます。

  • 第二部ならではの学修

    社会福祉学の基本となる「社会福祉原論」や、大学教育の基礎を学ぶ「入門演習」を必修とし、「社会福祉」、「福祉教養と技術」、「法と政策」、「社会と文化」、「マネジメント」の5つの科目群を網羅して学修します。福祉を取り巻く社会全体との関わり合いのなかで、課題を解決していくために必要な学びが揃っています。

  • 専門職業人養成の基礎教育

    2017年度は、地域包括支援センターの社会福祉士、医療ソーシャルワーカーを新たな教員に迎え、実践的な教育を強化しています。熊本のソーシャルワークの最先端を学べるスペシャリスト志向の演習教育を行います。

資格取得等

社会福祉士の国家試験受験資格、福祉の教員免許が取得できます。(※)

取得できる免許・資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • スクールソーシャルワーカー
    (認定課程修了証明申請資格)
  • 社会福祉主事(任用資格) ほか
※編入学・転入学希望者のうち、資格取得をお考えの方は、受験前に必ずご相談ください。

就職実績 (過去3カ年の実績より抜粋)

  • 熊本市社会福祉事業団
  • くまもと障害者労働センター
  • 鶴田病院
  • 谷田病院
  • (福)熊本市社会福祉協会 ワークショップ熊本
  • かなこぎ苑(介護老人保健施設)
  • (福)慈愛会
  • 龍山学苑(児童養護施設)
  • 豊洋園(特別養護老人ホーム)
  • しらぬい荘(特別養護老人ホーム)
  • (株)ベネッセスタイルケア
  • 熊本宇城農業協同組合
  • (株)ドゥ・ヨネザワ
  • ネッツトヨタ熊本(株)
  • 日本郵便(株)
  • (株)エイジェック

学びの流れ

一年次基礎的学習能力(リテラシー)や、 マネジメントの基礎となる幅広い教養を身につけます。

  • 社会福祉入門

    社会福祉入門

    4年間の社会福祉の学びの基点として、6名の教員やゲスト講師がそれぞれの専門の立場から社会福祉につながる観点で講義し、社会福祉へのいざないと今日的課題の解決をめざします。その人らしい生活を確保し高める営み、一人ひとりの尊厳の尊重、生活の質などを社会全体で構築し、仕組みとして確保する視点などを学びます。

2年次ソーシャルワークを中心とした社会福祉について学びます。

  • 地域福祉論

    地域福祉論

    地域における生活問題と地域福祉の役割を学び、タテ割りで個別化・細分化された諸制度を、「くらしの場における共通課題」「それに応じた共通原理をもった対策」としてとらえ直します。

  • スクールソーシャルワーク論

    スクールソーシャルワーク論

    子ども・親・学校をつなぐ営みを展開し、社会資源の活用やそのために必要なシステムづくりなどに取り組むスクールソーシャルワーカー(SSW)の活動が、子どもの人権と成長発達を保障することを学びます。

3・4年次社会福祉の専門知識を学び、実習などを通してキャリア形成を図ります。

  • 卒業演習/和田ゼミ

    卒業演習/和田ゼミ

    これまでの学びをもとに、社会福祉の価値・方法・倫理・歴史などについて学びます。現代社会の抱える課題を考え、その解決方法や解決の視点を討論や発表を通して探っていきます。

  • ソーシャルワーク実習指導Ⅱ

    ソーシャルワーク実習指導Ⅱ

    実習指導者のもとに訪問し、事前実習課題を指示してもらうなど、実習先で必要とされる相談援助に関する知識・技術を習得します。実習生・教員・実習先指導者の三者協議をもとに実習計画を作成します。

  • 卒業演習/城戸ゼミ

    卒業演習/城戸ゼミ

    「会社法」の創設・改正がどのような考え方のもとで行われ、会社の法制度をどう変え、どのような利点と問題点があるのか議論します。学生はテーマを選び、研究・報告を行います。

カリキュラム

(2017年度入学生適用)

※ 複数の資格に重複する科目は、複数回履修する必要はありません

ゼミテーマ一例
大江ゼミ ジェンダー法学入門
豊田ゼミ 社会福祉学領域での現在的課題
和田ゼミ 社会的課題の解決に必要な制度やサービス・方法について考察する
藤本ゼミ 社会的な課題に対して 「自ら学び、自ら考える」
城戸ゼミ 会社法の考え方の理解

※ 年度により変更になるゼミもあります。